口臭の予防は様々にあります-お口の奥地をキレイに-

クチの中の身だしなみ

実は大昔から存在する口臭予防

口臭は、スメルハラスメントと名前が付くほど、周りの人にとって不快なものです。特に寝起きなどの、唾液が分泌されずにカラカラに乾いた状態のときが一番強いと言われています。アメリカでは口臭治療専門の医者も存在し、その数は世界で一番多いとされています。日本でも1990年代頃に登場し、その数はどんどん増えています。テレビなどでも、口臭測定器が登場したり、口臭予防タブレットや洗口剤が登場するなど、まだまだ少ないのですが、歯磨きのように身だしなみの一つとしてケアする人が増えてきています。口臭予防は最近の話のような気がしますが、最古の医学書にも登場していたり、舌苔を取る女性の大昔の絵が存在したりと、実は昔からあるものだと言うことが分かります。

自覚する人が増えれば改善されるでしょう

今ではケア用品も充実して、使いこなせば十分に予防できそうなものですが、なかなか自分で気付くと言うことは難しいようです。自分が食べたものが原因だったりするので、臭いに慣れてしまって気付けないでいるのです。気付くことが出来る場合の殆どは他人に指摘されてと言うことになりますが、気付いても言い難いことですので、なかなか指摘できない場合も殆どです。寝起きや、よくあるニンニクなどを食べたあとはもちろんですが、30〜40代からは特に口臭が発生しやすいため、注意が必要です。自分では分からないため、何もしない人が多いのですが、普段の健康診断の項目の一つとして口臭チェックをすることで対策は出来るかもしれません。まだまだ口臭予防の浸透が不足している日本ですが、テレビなどで口臭をもっと取り扱ったり、関連商品が増えることで、セルフケアをする人が増えることでしょう。